浮気をしているのか確認してもらおう

>

調査が失敗してしまった場合

別の探偵を探してみよう

1回目の浮気調査では、期待した結果が出なかったかもしれません。
パートナーが浮気をしていないという結果が出ても、納得できなかったら別の探偵に再び依頼してください。
今回、たまたまあまり実力を持っていない探偵に依頼してしまった可能性があります。
それでも1週間前後の調査だったら、高額な料金にならないのでお財布にダメージは与えません。

最初から、別の探偵にすぐ依頼できるよう数人の探偵を見つけておくのも良いでしょう。
実力を持っていると評判の探偵を、何人か探してください。
また、同じ探偵に長期の浮気調査を依頼するのもおすすめです。
今度は2週間や3週間など長い調査を依頼すれば、本当の結果が判明するかもしれません。

自分で様子を見てみる

何も浮気調査の結果が出なかったら、一旦自分で様子を見ても良いでしょう。
しばらく様子を見て、怪しい部分がなかったらパートナーの浮気は気のせいだったと判断できます。
やっぱり怪しいと思ったら、別の探偵に任せましょう。
早く結果を知りたいと思っているかもしれませんが、浮気調査をする際は待つことも大事です。

パートナーに変化が起こっていないか、こまめにチェックしましょう。
そして再び探偵に浮気調査を依頼する場合は、パートナーのこれまでの動向を伝えてください。
細かい情報があれば、探偵は調査を進めやすくなります。
最初の浮気調査で怪しいところが無いと探偵に言われても、安心しきらないでください。
少しの間は、用心してパートナーを観察しましょう。


この記事をシェアする